指の第二関節の側面が痛い(側副靭帯損傷)

指の第二関節の側面が痛い(側副靭帯損傷)

こんな患者様が来られました。

指1本だけ、第二関節の側面が痛く、軽くは曲げられるけれど

強く曲げると、引っ張られる感じと共に痛みがあり

朝起きると指がこわばって動かしにくく

どこの病院へ行って検査を受けても「原因不明」と言われ困っています。レントゲンも沢山とりましたが、骨には異常がありませんでした。

その患者様は、6か所ぐらいの病院を回っておられ

リウマチの検査や、ばね指、ドルバゲン等推測診断を元に

ステロイド注射あらゆることをされていました。

特にステロイドの注射はこのケースでは無意味です。

半年間は痛みをごまかせますが、すぐに繰り返し再発します。そして、またステロイド注射を繰り返すと靭帯が弱り、また皮膚も薄くなってあかぎれのような状態になり、今度は皮膚をカバーするのにワセリンなどが必要となります。

では、指の第二関節の側面が痛い(側副靭帯損傷)はどのように

治すのかを書いていきます。

側副靭帯損傷の治し方

指の第二関節の側面が痛い(側副靭帯損傷)ですが、切れていない限り、保存療法しかなのです。

しかし、かっちりした固定はしてはいけません。

可動域を制限した(第二関節付近の靭帯を伸ばさない程度)の

テーピングが一番有効です。

手を使えば使う程、完治が遅くなりますので

制限しつつ、がっつり固定しない方法をとります。

側副靭帯損傷の初期テーピング法

今回は中指の第二関節の側面が痛いケースでご説明します。

まず、人差し指を添え木にし、中指と共に関節の前後2か所を軽くテーピングします。

これを2週間ほど続けていきます。就寝時ははずしてもかまいません。

側副靭帯損傷のテーピング2段階目

2週間ほど続けたら、次のテーピングの巻方に変えていきます。

3本テープを用意し、まずは第二関節の上の部分に1本巻きます。その後、3ミリほどづらして、上下にテーピングをします。

3か月ほど続けます。

側副靭帯損傷第三段階 リハビリ

準備するもの

ボール2つ(ばけつでもよいが指なので手のひらが入れば充分)

保冷剤・つぎたし湯

タイマー 当音波を発する器具(あればで可)画像のものは美顔器です。

指の第二関節の側面が痛い(側副靭帯損傷)リハビリ方法

温冷交代浴でリハビリしていきます。

42度のお湯と、保冷剤を入れた水に交互に患部をしてしていきます。指の場合、指1本だけするのではなく、手のひら全体で行ってください。

冷水に1分、お湯に2分を4セット以上行いましょう。

必ず、お湯で終了するようにし、最後に軽くグーパー運動をします。

その後、超音波が出る器具をお持ちの場合は

患部に10分以内になるよう刺激を与えていきます。

終わったらテーピングをして終了です。

だいたい、3か月程度で改善がみられます。

詳しい方法や、リハビリの仕方は

みこころ整体院までご来院下さいませ。

早く改善する為の、ご指導と整体を致します。

PAGE TOP